【見え方】座席から見る立川ステージガーデン:見えない席もまとめて解説

·

立川ステージガーデンは、多彩なイベントが開催されることで知られる魅力的な会場です。初めて立川を訪れる方や、特別なイベントに参加を予定している方々にとって、事前の情報収集は非常に重要です。

この記事では、立川ステージガーデンの各階の座席からの見え方の違いを詳細に解説し、どの席が最適かを見極めるための情報を提供します。

劇場初心者からリピーターまで、すべての訪問者が最良の観劇体験を得られるように、座席選びのポイントを紹介します。

立川ステージガーデンでの経験を最大限に活用するためのヒントと共に、地元の視点からのアドバイスも掲載しています。立川での時間を最大限に楽しむための実用的な情報を得ることができます。

はじめに:立川ステージガーデンとは?

立川ステージガーデンは、東京都立川市に位置する多目的イベント会場で、様々な公演やイベントが開催されます。

この施設は現代的な建築スタイルで設計されており、その多機能性からコンサート、演劇、展示会など、多岐にわたるイベントに対応しています。広々とした内部空間は、観客に快適な観覧経験を提供し、最新の音響と照明設備が完備されているため、どのイベントもそのポテンシャルを最大限に発揮できます。

立川という街も都心からのアクセスが良く、豊かな自然と現代的な都市生活が融合する場所として知られており、多様なショッピング施設、飲食店、公園があり、文化的なイベントやアートの展示も頻繁に行われています。

住む場所から買い物施設まで、なんでも揃っている街といえます。

立川ステージガーデンの概要と主なイベント種類

立川ステージガーデンは、特に音楽と演劇の公演に重点を置いています。

年間を通じて、国内外の著名なアーティストや劇団がここで公演を行い、地域文化の発展に寄与しています。また、東京23区からのアクセスも良く、2,500人規模を収容できる大型の施設なのでライブイベントなども頻繁に開催されています。

こうした多様なイベントは、立川ステージガーデンが東京都内外から訪れる観光客や地元住民にとって魅力的な目的地の一つとなっています。

座席の全体的な構造と特徴

参照元:https://www.t-sg.jp/organizers/

立川ステージガーデンの座席配置は、視界の良さを最大限に生かすために巧みに設計されています。

全体の配置図を見ると、ステージ周辺から放射状に広がる座席が特徴的です。この設計により、どの座席からもステージがよく見えるようになっています。

しかし、SNSでたびたび「見えない…」と話題になることがある立川ステージガーデンですが、どの席がよく見えるのか、座席からの見え方をあらかじめイメージするのが重要です。

また、音響の質も座席によって異なるため、可能であれば事前に会場の音響設備についても調べておくと良いでしょう。イベントの種類によって最適な座席は変わるので、コンサートなら音楽を存分に楽しめる場所、演劇なら表情まで捉えられる席を選ぶなど、目的に応じた選択が大切です。

座席の配置図と各セクションの説明

立川ステージガーデン内の座席は、主に三つのセクションに分かれていることが多いです。

例えるならば、最前部に近いプレミアムセクション、中間に位置するスタンダードセクション、そして後方に配置されたエコノミーセクションです。

もちろんイベント毎に運営会社がそれぞれの席を割り振りますが、あるていどの視界のクオリティと価格帯を変更されており、最適な観覧スポットを選べるようになっています。

各階(1階、2階、3階)の座席数と種類

立川ステージガーデンの座席は、演劇の際の見え方にすごく差があることがSNSで話題になっています。「すごく良く見える席」「全く見えない席」があるため、注意が必要です。

1階は最も近く、ダイナミックな視体験を提供する座席が配置されています。ここでは、ステージの細部まで見ることができるため、演劇やコンサートには理想的です。

2階はやや高い位置からの視点で、広い視野を楽しむことができます。

3階は一番高い位置にあり、全体を見渡せるため、大規模なイベントや演出全体を捉えたい場合に適しています。

各階には異なる種類の座席が用意されており、用途に応じて選ぶことができます。

【見えない席】視界が遮られる可能性のある席

立川ステージガーデンでは、一部の座席が見切れ席や段差の問題により、視界が遮られることがあります。

これらの席は通常、劇場の特定の角度に位置しており、ステージの一部が見えづらい状況となることが現状です。

見切れ席と段差のある席の位置と視界の問題

  • 1階の段差後ろ(9,12,15列)は前の人の頭に要注意
  • 2,3階はLとRブロックの座席近くなど要注意

見切れ席は主に劇場の両端や極端な前後の位置に設置されています。

これらの席からは、ステージの端部分が完全には見えないことがあり、特に広いステージ設定の公演では問題となることがあります。段差のある席では、前の列が通常より高く設定されているため、特に背が低い観客にとっては視界が遮られる可能性があります。

見切れ席を避けるためのアドバイス

見切れ席を避けるためには、チケット購入前に劇場の座席表を確認し、可能であればその座席のレビューを検索することが効果的です。

また、劇場のボックスオフィスや公式ウェブサイトでの詳細な座席情報を事前に調べることも重要です。公演を予約する際は、中央に近い席や、段差が少ない席を選ぶことをお勧めします。

1階の座席詳細と見え方

1階の座席は立川ステージガーデン内で最もステージに近い位置にあり、観客に最も没入感のある体験を提供します。

これらの座席は、特に詳細を捉えることが重要な演劇やコンサートに最適です。

1階の座席の特徴と見え方の評価

1階の座席は、ステージの直接的な視線を確保しており、音響効果も最も良好です。

ただし、最前列は時に演出の一部が見えにくいことがありますが、一般的には1階からの視界は評価が高いです。

座席間の間隔も十分に取られており、快適な観覧が可能です。

演劇であれば1階席センターブロック16列目が特に評判が高い席となっています。

逆に、1階席センターブロック後方になると段差がないので前の方と被って見づらいという意見もありました。

総合して1階は段差のつく列が「当たり」と言えます。

  • 10,13,16列目
  • 19列目以降の奇数列

特定イベント(例:テニミュ)での視界の違い

「テニミュ」のようなダイナミックなパフォーマンスを行うイベントでは、1階の座席が特に人気です。

これは、役者の表情や細かな動きを近くで見ることができるためです。しかし、ステージの広範囲を見渡すには、やや後方の座席がおすすめされることもあります。

各シーンの位置によっては、端の座席からは視界が部分的に制限されることもありますが、全体的に1階の座席は視覚的な迫力を体験できるため、高い評価を得ています。

2階の座席詳細と見え方

2階の座席は、立川ステージガーデン内で中間の高さに位置し、ステージ全体を一望できる観点から人気があります。

これらの席は全体の構成を把握するのに最適で、特に大規模な演出や演奏会に適しています。

2階の座席の特徴と見え方の評価

2階の座席は、広範な視界を提供するため、ステージの全体像を捉えやすいです。

2階席の中でも舞台に近い席が人気が高く、

  • 2階席1~12
  • 2階席36~47

が該当します。ですが、こちらの席は見えやすいのですが横を向いて見る必要があるので首が痛くなると報告されているコメントが多数ありました。

音響面では、1階に比べるとやや劣る可能性がありますが、視覚的な魅力は高く評価されています。座席の傾斜が適切に設計されているため、前の人の頭が視界を遮ることなく、快適に公演を楽しむことができます。

RとLブロック等特定エリアの座席

特に2階のRブロックは、ステージ右側に位置しており、独特の視点から公演を見ることができます。(Lブロックは左側)

このエリアはステージの特定の部分、例えば右側で行われる演出がより詳細に観察できるため、演出の側面を重視する観客には理想的です。

ただし、ステージの左側のアクションはやや見づらい場合があったり、横を見続ける必要があるため、公演の性質を考慮して座席を選ぶことが推奨されます。

3階の座席詳細と見え方

立川ステージガーデンの3階座席は、劇場内で最も高い位置にあり、全体の視野を提供します。

この階は、舞台全体を俯瞰することができるため、大掛かりなセットや演出の全貌を捉えるのに適しています。

3階の座席の特徴と見え方の評価

3階座席は、その高さから舞台の全景を一望できるため、特に大規模な公演や広いステージを使用するイベントにおいて、全体的な動きや配置を把握するのに最適です。

ただし、ステージからの距離があるため、細かい表情や小さな演出の詳細を見るのは難しいかもしれません。音響効果も、階層が低い席に比べて若干劣る可能性があります。

3階席の舞台に近い席、前方・真ん中あたりは角度があって全体が見えないという声もありました。

イベント別の視界の違い(例:プロレス、エーステ)

プロレスのようなアクションが多く会場の真ん中を見るレイアウトのイベントでは、3階からでも選手たちの動きやリング上のアクションを十分に楽しむことができます。

一方で、エーステのようなダンスや演技が中心の公演では、表情や細かな手の動きまでを見たい場合には、やや不向きかもしれません。

このようなイベントでは、より詳細を確認したい観客は下層の座席を選択することをお勧めします。

公式HPからバーチャル内覧ができるようになっており、それぞれの階からの見え方を確認することができます。

イベントごとの座席選びのポイント

立川ステージガーデンでのイベント体験は、選ぶ座席によって大きく異なります。

各種イベントに応じた最適な座席選びが重要です。

各種イベント(コンサート、演劇、スポーツ等)での最適な座席の選び方

  • コンサート
    • 音響の質を重視するため、ステージに近い座席や音響機器の設置位置を考慮した席を選ぶと良いでしょう。中央の座席が一般的に最もバランスの取れた音響を提供します。
  • 演劇
    • 表情や演技の細かい部分まで捉えたい場合は、ステージに近い前方の座席が適しています。端の席よりも中央の席が全体の視界を確保しやすいです。
  • スポーツイベント
    • フィールドの全体を見渡せる高い位置からの視点や、アクションに近い場所での迫力ある体験を求めるなら、選択する座席が異なります。一般的には、中間の高さから全体を俯瞰できる座席がおすすめです。

これらのポイントを考慮して、イベントの種類に合わせて最適な座席を選びましょう。

空調の問題

そして座席によっては空調の風が直接当たる席もあるため、寒い暑いは覚悟して対策を準備しておくことが推奨されます。

大きいイベント会場なので、特に夏などは全体を冷やすためにキンキンに空調を使うことが想定されるため、座席によっては寒すぎる場合もあります。

あらかじめ防寒対策も忘れずに用意しておきましょう。

訪問者のレビューと評価

立川ステージガーデンへの訪問者からのフィードバックは、将来の訪問者にとって非常に価値のある情報源です。

実際の体験に基づく評価は、座席選びやイベントの楽しみ方を理解するのに役立ちます。

過去のイベント参加者の経験談と座席に関する評価

イベント参加者のレビューは、特に座席の快適性や視界の良さに焦点を当てています。

例えば、noteで公開されている宇都木さんの記事は大変参考になります。

他にもXやInstagramでの参加レポートが参考になるため、ぜひ検索してみてください。

訪問者の写真と実際の視界のサンプル

訪問者によって共有された写真は、実際の視界を示す貴重なリソースです。

これらの写真は、座席からの具体的な眺望を提供し、オンラインで座席を選ぶ際の期待と実際とのギャップを減らすのに役立ちます。舞台全体または特定のセクションがどのように見えるかを示すこれらの写真は、座席選びの決定に大きく寄与します。

アクセス方法

立川ステージガーデンへのアクセスは、公共交通機関を利用することが便利です。

JR立川駅から徒歩数分の距離に位置しており徒歩でのアクセスが便利です。

自動車を利用の場合、近隣には数カ所の駐車場がありますが、イベント時は混雑が予想されるため、公共交通機関の利用が推奨されます。

また、立川ステージガーデンの公式ウェブサイトでは、最新のアクセス情報や詳細な地図が提供されており、訪問前に確認することが望ましいです。

こちらの記事にもまとめていますので是非ご覧になってください。

周辺情報

立川ステージガーデン周辺には、飲食店、ショッピング施設、自然公園など、多様な魅力が詰まっています。

イベント前後に立川駅周辺でショッピングを楽しんだり、地元のレストランで食事をするのもおすすめです。また、立川には美しい公園も多く、イベントの合間にリラックスした時間を過ごすのに最適です。

立川ステージガーデン訪問の際は、これら周辺施設の情報も事前にチェックし、立川での滞在を充実させましょう。

こちらの記事もおすすめです

まとめと座席選びの最終アドバイス

立川ステージガーデンでのイベントを最大限に楽しむための座席選びは、以下のポイントを考慮して行うことをお勧めします

  • イベントの種類を理解する
    • 演劇、コンサート、スポーツイベントなど、イベントの種類に応じて最適な座席が異なります。細部を見たい場合は前方の座席、全体を俯瞰したい場合は上層の座席が適しています。
  • 座席レビューを参照する
    • 過去の訪問者のレビューを確認し、実際の視界や座席の快適性についての情報を収集します。
  • 視界の確保
    • 視界を遮る可能性のある席を避けるため、事前に座席の配置図を確認し、可能であればその座席の写真を見て、どのような視界が得られるかを把握します。

座席についてのポイントは以下の内容になります。

  • 1階は段差のつく列が「当たり」
    • 10,13,16列目
    • 19列目以降の奇数列
  • 2階は1階よりも見やすい
  • 3階は角度が急で要注意

見切れ席として販売されるような見えない席として注意が必要なのは以下の席です。

  • 1階の段差後ろ(9,12,15列)は前の人の頭に要注意
  • 2,3階はLとRブロックの座席近くなど要注意

音楽ライブや格闘技のときは、どこからでも見やすいという声もあり、催し物の内容や、舞台の作り方によっても見え方が違います。

これらのアドバイスを参考に、あなたにとって最適な座席を選び、快適で充実した観劇体験をお楽しみください。

運営者紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA